長距離ランナー的くらし/千葉県八千代

 


このくらしの主:ヒラサワ マコトさん(34歳)

hirasawa_profile北海道函館市出身・千葉県在住。関西の大学を卒業後、東京で就職。現在は財団職員として、企業の研修サポートを行っている。プライベートでは2人の男の子のお父さん。

ヒラサワさんのキーワード
#千葉県 #4人家族 #会社員  #戸建て #電車通勤  #30代

撮影時期:2018年3月


 

 

 

朝は8時半ごろ、家を出て会社に向かう。通勤途中にある桜並木が気に入っている。
住んでいる八千代市は千葉県の北西部にある、出身地の函館に似て静かな街。
長男が生まれたタイミングで東京の蒲田から千葉県に引っ越してきた。こっち(東京近郊)で仕事をしていくという覚悟はしていたので、引っ越しのタイミングで家を建てた。

 

 

家を出て1時間半、会社のある永田町に着く。
電車は座っていられるので、1時間を超える通勤時間でも苦痛ではない。本を読んだり、寝たりしていれば着いてしまう。会社では企業向けの研修事業を行っていて、だいたい200人くらいが働いている。自分が担当するのは研修の企画、営業、講師など、幅広い。
午前中はだいたいオフィスワークが中心で、資料作成などの時間にあてる。

 

 

午後になると外回りに行くことが多い。
日本橋にいくつかお客さんがいるので、日本橋によく出向く。

 

 

日本橋の再開発されたエリア。
ここでは季節などに合わせていろんなイベントを行ったりしているのだが、東京の喧騒がない静かな場所で気に入っている。地方出身だからか、ゴミゴミしたところは嫌いで、東京でもこういう騒がしくない静かな場所を探し求めてしまう。

 

 

外回りの間に京橋にある函館のアンテナショップに立ち寄ったので、昼ごはん用に「かにめし」と「ガラナ」を購入して帰社。

 

 

20時~22時頃に帰宅。
最寄り駅は都内ではなく千葉なので、人もそこまで多くなく、ゴミゴミしていない。

 

 

様々な企業を相手にする仕事柄、地方出張が多く、平均で月3回は出張する。
出張がある日は15時くらいに会社を出て移動する。撮影していた3月は繁忙期で週に1~2回も出張に行っていた。

 

 

移動中、資料に目を通したり、仕事をすることもある。
新幹線の中の方が集中できて、仕事がはかどる場合も。

 

 

この3月に行った出張先の数々。上から高崎、兵庫県の相生、大阪。
よく行くのは大阪で、西日本は岡山あたりから、東日本は群馬あたりまで出張で出向く。
普通の会社員と違って、東京を拠点にいろんな地域に行けるというのは面白く感じている。

 

 

家があるのは戸建てが立ち並ぶ住宅地。
目の前は道路だが、袋小路になっていて交通量は少なく、子どもたちも安心して遊べる。

 

 

thumb_19010005_1024-02

休日には子どもたちと洗車する。
都内では駐車場代が高くて車を持たないのが普通だが、住んでいる八千代では車は必需品。
都内はマンションぐらしが普通だが、千葉県の郊外となると一戸建ても建てられるし、駐車スペースもあるので、マンションのように駐車場代はかからないというメリットがある。

 

 

休日は隣町の印西のショッピングモールまで足を伸ばすことも。
買い物など大体が車移動になるところは、電車移動中心の都内のくらしとは結構異なる。

 

 

 

最近は庭先に畑ゾーンを作って、子どもたちと庭いじりをする。
庭いじりの道具は近くのホームセンターでそろえている。結構大きくて土の種類もたくさんある。このホームセンターの規模感も郊外ならでは。

 

 

ランニングコース

土日のどちらかはランニングで5㎞~10㎞は走っている。
ここはランニングコースの川辺。穏やかな風景で走っていて気持ちがいい。

 

 

息子の幼稚園のパパ友に誘われてソフトボール大会に参加。
試合後は居酒屋で打ち上げ…とならず、サイゼリアで打ち上げ。
車移動の郊外生活ではファミレスはファミリー層にとって必需品かも?

 

 

 

今後のこと

今の東京のくらしは、ともすると埋もれてしまいそうな不安がある。
いつかは出身地の函館をもう一つの拠点として仕事ができたら、と思う。

 

 


ヒラサワさんのくらし全景