漁師として、ここに根付くということ/岩手県陸前高田

 


このくらしの主:ミウラ ヒサコさん(28歳)

神奈川県出身。東京の大学に在学中、ボランティアで訪れた東日本大震災の被災地、陸前高田で漁業を体験する。1ヶ月間程のボランティア生活のなかで、海とその地域に住む人たちに魅了され、卒業後陸前高田に移住。現在は漁業女子として養殖牡蠣漁の職に就いている。

■ミウラさんのブログ・SNS

Twitter : https://twitter.com/neripiko
Instagram : http://Instagram.com/neripiko
note : https://note.mu/hisako
「陸前高田 マルテン水産」Facebookページ :https://m.facebook.com/marutensuisan/

 

ミウラさんのキーワード
#陸前高田 #20代 #賃貸 #車通勤 #漁業 #海 #一人暮らし

撮影時期:2019年2月~3月


 

5時半、起床。漁師なので朝は早い。
家で朝ごはんを食べてから、仕事に向かう。ちなみに住んでいる家は仮設住宅。2DKあって、けっこう広い。
最近は、震災後に建てられた仮設住宅から出ていく人が多く。多くの仮設住宅の解体が進んでいる。今住んでいる仮設住宅も一年後には解体される予定。

 

 

 

6時過ぎ、仕事に向かう。
仕事場である漁港までは、車で10分ほど。防潮堤の奥に見える海が自分の働いている漁港。
海が見えてくると、また一日が始まる感じがして、少しずつ仕事モードに切り替わっていく。

 

 

 

6時半、仕事場に着く。
この漁港が自分にとっての”ホームグラウンド”。漁をする際の起点となる。朝、この静かな景色の中にいると、とても心が落ち着く。とても好きな風景。

 

 

 

養殖場に向かう船に乗り込み、牡蠣の水揚げの準備をする。
船に積んでいるのは、水揚げした牡蠣を入れるためのカゴとパレット。フォークリフトで持ち上げて積み込む。

 

 

 

準備が終わると、養殖をしている沖のほうへと向かう。船を操縦しているのは社長。

 

 

 

養殖場に着くと、牡蠣を水揚げしてカゴに入れていく。
牡蠣を入れると、一カゴ40㎏程になる。それを2人がかりで船に並べていくので結構な力仕事。大体1回につき80~100カゴくらい埋まる。

 

 

 

港に着くと、牡蠣でいっぱいになったカゴをフォークリフトで陸に上げる。

 

 

 


10時頃になると休憩の時間。仕事の仲間たちとお茶を飲んだり、お話したりして一服する。
このベテランのおばさんたちも仕事仲間で、船に乗らないで牡蠣を掃除する専業のスタッフ。スタッフは専業のスタッフと、船でも陸でも作業する兼業スタッフの2種類がいる。自分は兼業スタッフで船での漁作業以外にも陸での作業も行う。

 

 

 

これは海に出ず、漁港で牡蠣の出荷作業をしているときの様子。
発砲スチロールの箱に牡蠣を詰めていく。どんな人が、この牡蠣を食べるんだろうと思いながら、作業をする。

 

 

 

12時、お昼ご飯を食べる。
このご飯は自分が作ったものではなく、仕事仲間の77歳のおばあちゃんが毎日くれるお弁当。ご飯はおばあちゃんと”はんぶんこ”するので、いつも食べる前に半分減っている。

 

 

 

3月中旬からは、一か月ほどワカメ漁が始まる。ワカメが枯れる前に収穫しなくてはならないため、短期間で人手がいる作業。漁協にワカメを卸す期間が決まっていることもあり、急ピッチで作業しなくてはならない。
これは、朝の収穫作業を終えて、みんなで薪ストーブを囲んで朝ごはんを食べているところ。
ワカメ漁のかき入れ時なので、仕事仲間の息子、甥っ子などが春休みを利用して手伝いに来ていた。自分以外の仕事仲間はほとんど親戚同士で、大家族のような雰囲気。

 

 

 

時期によってもちがうが、15時くらいに仕事終了。
仕事の後は、友達と家の近くにあるカフェへ行くこともある。陸前高田は自分と同じ歳くらいの移住者も多い。

 

 

 

家に戻ると、ブログの”note”を書くのが日課。
牡蠣養殖の仕事を色んな人に知ってもらうため、日々の仕事のことを綴っている。大学の頃にはライターを志したこともあったため、文章を書くのは楽しく、長く続いている。

 

 

 

休みの日、陸前高田の市街地にあるシェアスペースで、映画の上映会に参加した。
映画上映会はこのシェアスペースで2か月に1回開催されていて、持ち回りで映画をセレクトして流している。この日は、自分が上映する映画を選ぶ番だったので、オーガニックの食品に関する映画を上映した。
このシェアハウスは、2年前かさ上げされたエリアにできたもので、魚をさばく会やパン作りなどいろいろなイベントを行っている。

 

 

 

また別の休日、遠野に住むアベさんのシェアハウスに遊びに行った。
遠野までは車で一時間くらい。この日は大阪から来た友達に会いに行った。みんなでご飯を食べたり、カードゲームなどをしてゆっくりした。

 

 

 

遠野に行った次の週、宮城県の石巻市にある「FISHERMAN JAPAN」へ。
インターンをしている友達に会いに行った。個人的なつながりで石巻や遠野などに出向くことも多い。

 

 

 

3月11日。この日、陸前高田では年に何度かしかない雪が降った。
写真の左側に見えるのは、津波で被災した中学校。自分は震災以降にここに来た移住者なので被災していないが、地元の人たちと話していると、ふとしたきっかけで3.11のことが話題にのぼることがある。震災は8年前のことだが、ここでは震災に寄り添って日常が流れている。

 

 

 

 

漁業人口が減るなか、この仕事の魅力を知ってもらえるよう、発信することで漁業に貢献したい。そして、漁師としてしっかりとこの地域に根付くこと、それが今の目標。

 

 

自分の東京でのくらしと比べると、ミウラさんのくらしの写真は、自然の色が鮮やかで印象的でした。
ミウラさんの話を聞いていると、今日も海がきれいだなとか、この仕事仲間との休憩は穏やかでいいなとか、そういうふとした感情が入り込める余白がしっかりあるような感じがして、うらやましくなりました。

この記事を書いた人:カトウシュン